切るサクラ残るサクラも切るサクラ

screenLif833.jpg
screenLif834_201704091735140fb.jpg
screenLif835_20170409173516c8d.jpg


野郎討伐イベントにいい加減飽きてきたので、クリ2刀を再びジュピロスに配置しました。

久しいな所長!!!元気してたか!!

個人的にはヴェスパーcはまだまだ現役なんだよね。

ヴェスパーcがあれば影杖の精錬値も妥協できる場合があるからな。

レベル4武器の+10とか正気じゃないよ。そりゃヴェスパーさんも物狂いって言われちゃうよ。


screenLif836.jpg
screenLif837_20170409173519608.jpg
screenLif838_20170409173528641.jpg


うちのABはアドラ型なんだけども純支援に戻そうかと悩んでいる。

以前は審判セット担いでテレレーテレレーしてたけど、今じゃねえ・・・

純支援に戻すとしたらスキル構成をどうするかなぁとシミュレートするわけだ。

そこで気づく。サクラメント全然使ってないなって。

アドラでボスを巡っていた頃ならいざ知らず、今じゃPT組む時には

自分も相手も固定詠唱-50%装備つけてるなって。

師匠に至ってはフェンリルだし・・・


screenLif839_20170409173530c5c.jpg


サクラの季節も終わりということで、サクラメントを切るとして

じゃあ何取ろうと考えた時に、ラウダ系とオフェルトリウムが目についた。

このオフェルトリウムは計算式見た感じだと、

ハイネスヒール5 + オフェルトリウム1 よりも

ハイネスヒール1 + オフェルトリウム5 の方が効率がいいのかな?

なにせ使ったことがないもんで。間違ってたら教えてください。


screenLif840.jpg

【状態異常】

スズさんの提案で、獄mobで実験を行ったんだ。

僕はかなり驚いたんだけど、獄mobにも「呪い」は効くんだね。

改めて公式のmobデータを調べたら、異常に高いのはStrとIntだけのようだ。

AgiとLukは一部を除いてどれも並。

(※エミュールLuk127 ガイルAgi239 ガーティAgi205)

ということはAgiやLuk耐性の状態異常はまだ通りやすいわけだ。

睡眠を与えるスキルとか何かあったっけな。

1秒でも早く倒すのが正解なんだろうけど、

ゴリ押しじゃなくて搦め手でうまいこと対処できれば・・・って考えちゃうんだよね。

その点、白羽や呪縛ってスゲーよな、最後まで行動不能だもん。


screenLif841.jpg


順調に異常なしでございます。

喜び悲しみ繰り返すんだ

screenLif808.jpg
screenLif809.jpg
screenLif810.jpg


またまた師匠に手伝って貰いながらボスを狩った、のだけども

僕はとてもとても悲しくなった。

まず、メンテ後に全てのmobは北向きで出現する。

デフォ向きでプレイヤーに対して背中を向けている状態だ。

プレイヤーが画面内に入って初めてmobも自由に動き出す。

逆に言えば、周辺のmobが北向きの状態だったなら

そのエリア、或いはそのマップには誰も来ていない
ということ。

つまりボスもいる可能性が高いんだけども。



この時の怨霊武士がまさにその状態で、火曜の深夜にも関わらず誰も来た形跡がなかった。

カブキ忍者も一旦木綿も酒天狗も全て北向きだったんだ。

「ああ、遂に怨霊武士も放置される時代なのか」と。





screenLif805.jpg
screenLif806.jpg
screenLif807.jpg


しかし考えてみればそれも仕方のないことかもしれない。

+9リス耳フード帽に+10古王、執行者のシューズ、今や防御無視効果なんて珍しくもなんともない。

ましてデメリット付きで一般モンスターにしか効果のない怨霊武士c、もう哀れという他ない。

マップに来るのも一苦労だし、僕だってレインボーがない限り狩ろうとは思わない。

以前は対抗もちらほらいたんだけどな。

アドラにRG、クリ2刀なんかと索敵競争してたもんだ。面倒ですぐ帰ったけど。


screenLif802.jpg
screenLif803_20170406171512473.jpg
screenLif804_20170406171514bce.jpg


装備のインフレは今に始まったことじゃないけども、

もう簡単にMVPカードの性能を超えちゃう時代なんだなぁと。

別に怨霊武士cがゴミってわけじゃないけどね。

カードもそうだし装備についても、上位効果を持つものが出たからといって使えないわけじゃない。

ただその効果が「MVPカード足り得るか」と言われれば・・・ね・・・?

ネトゲなんてそんなもんと割り切らないといけないんだなきっと。




ただ今はMVPカードについても、不遇なものは救済される可能性があるしね。

怨霊武士は武器カードだから特定の武器と絡ませて救済するのは難しいかもしれないけども、

女王スカラバのように他部位とのセット時でもいいしね。

不遇な時代もあったね、と笑って話せる日がたけしにも来る・・・かもしれない。


アトロスイフリートイグニゼム=セニア
オシリスクラーケン

\我々もオナシャス!!/



ところでうちのボイさんのカードが来たって本当かい?



ボイタタカード


ボイタタ02
<マジやんけ!!!


どうやらbRO(ブラジル?)のツイートをポ三郎がリツイートしたようだ。

jROでも実装されるといいね。


ボイタタ02
<ほな不遇勢の皆さんwwwお先に失礼しますわwwww


巡回中

screenLif764.jpg


screenLif771.jpg


異常なし!!!

いやイフリートとか出ても困るだけなんだけども。

いつまでも平地ボス狩り続けるわけにもいかないし、僕もMD周回とかやりたいぜ・・・

平地巡回警備員からMD戦士にジョブチェンジしたい・・・

そしてゆくゆくはボスの脅威から市民の安全を守る騎士的なアレになりたい。


岸田メル


フェンリルとかTWOとかさ、ヤファも平地は面倒だからETの方で回したいし。

もっともっとやりたいことがたくさんあるんだよ。

こんなとこで足踏みしているわけにはいかないのだ。次へ!次へ!


screenLif786.jpg
screenLif788.jpg
screenLif789.jpg


一部の方から「PTでの入手」はどうなんだと聞かれたんだけども、

本文読み返したら「ソロ」って明記しちゃってたのでPTはノーカンにします。

もう当たり前のように、流れるように書いちゃってたね。ソロ。

ああ、根っこからぼっちなんだなって再認識したよね。

でもいいんだカード出すし(震え声)


screenLif790.jpg
screenLif791.jpg
screenLif793_20170404144647ee3.jpg
screenLif792.jpg


昨日は師匠の協力もあって、随分平地を回ることができた。

こんなに狩りに行ったのは久々だなぁ。

以前は数人で連日ボス探し回ってたのにね、なんか懐かしい感じ。


screenHervor012.jpg


Hervorの鳴らない鈴こと鍛冶さんも転生し第2の人生を歩むこととなった。

精錬祭までにはメカニックになれるはず。

タコD連れてってくれるなら何か叩くぜ!?

トミーのアトリエ

いつにも増して長い前置きだが、まぁ聞いてくれ。

僕がPS3を買って初めて遊んだゲームがニーアレプリカント。

「あの」世に名高いDoDシリーズということで、ワクワクしながら帰り道を辿ったものだ。

一通り遊び尽くして満足した後、僕は友人に尋ねた。

うなぎ「PS3のゲームで他に面白いのある?」

友人「合うかどうかは分からないけど『トトリのアトリエ』とかいいんじゃない?」

ここで初めて、僕は「アトリエシリーズ」なるものを知る。



どうやら初代PSの時代から続く、錬金術をテーマにしたRPGのようだ。

僕はさっそく「トトリのアトリエ」を購入した。

慣れないシステムとキャラクターのキャピキャピした声に困惑しながらも

のんびり素材を集め、アイテムを錬成し、クエストをこなしながら日々を過ごしていた。



ある日、メインシナリオで主人公の父親から「船の材料を集めてこい」と言われた。

スワンボート


船の材料も錬金術でそれぞれ作成しなければならないのだが、

錬金術師としてのレベルが低く、全くと言っていいほど成功しない。

(アイテムによって作成難易度が設定されており、レベルが低いと作成に失敗する)

まぁそのうちレベルも上がるでしょと、僕は特に深く考えもせず変わらぬ日常を送っていた。


そして突然やって来たゲームオーバー通告。


我が目を疑ったね。「何なのだこれは、どうすればいいのだ!?」とね。

どうやらこの船イベントは特定の日までにクリアしないといけないらしい。


聞いてない


いやいやだって「船の材料集めろ」とは言われたけど、特に期日は教えられなかったし

このアイテムを作ろう!と思い立ってから、レシピを確認して材料を獲ってきて村に帰って

錬成して失敗してを繰り返したらあっという間に日が経ったし、

そもそもまさかこんな萌えを前面に押し出したゲーム(偏見)で

ゲームオーバーなんて概念があるとは思いもしないじゃん!

ゲームオーバーっていうのは、なんかこう、モンスターに壊滅させられたりして

プレイヤーキャラがそれ以上行動できなくなった時の状態を指すもんだとばかり思ってたんだよ!

「日付もあるし、行動で日が経つなんて細かく設定されてるなぁ」としか思わなかった浅薄な僕。

まさか期日までに条件を達成していないか監視するシステムだったとはね!!!




友人に抗議混じりにこのことを話すと、ドン引きされた後

「普通にプレイしてる分にもゲームオーバーなんてまずならないよ・・・」

と有り難いお言葉を賜った。

調べてみると船イベント以降にも、同じような足きり設定があるらしい。

かわいい顔したキャラが出る割に、とんでもない鬼畜ゲーだ。

僕はそっと「トトリのアトリエ」のディスクを外しパッケージに戻した。

俗に言う「積みゲー」である。


screenLif751.jpg


さてここからが本題だ。

僕がブログを開設してからおよそ2年半。

まぁ~~~いろいろあったよ、うん。

ブログに面白おかしく書けることから、そうじゃないことまでね。

ブログ経由で出来た繋がりもあったし、何よりROがさらに面白く感じられるようになったんだよね。

僕の場合は、師匠を始めとしたボス狩り勢に魅せられて後を追う形でブログを開設した。

それなりにボス狩りもやってきた・・・と思う。思いたい。

でも最近はどうだろう?

ボス狩り自体は続けているとはいえ、単にSSを載せるだけで内容は関係のないエピソードばかり。

そりゃそうだ。

プレイヤーがこれだけ強くなった現在のROで、今更ボスについて語ることなんてないんだよね。

そう考えた時、うちのブログに果たして需要はあるのだろうか。

当初の目的はもう失われてしまったんじゃないだろうかと。

だから別の目的を作ることにした。



これから毎月、目標を1つ設定しそれを達成する。

達成できればブログ継続、できなければゲームオーバー、ブログ削除。

題して「トミーのアトリエ」の開幕というわけだ。

迫りくるデッドラインから逃げ続ける、心身休まらないサバイバルゲームが始まるのだ。

一応言っておくと僕は全力で目標達成に向けて動く。わざと手を抜いて、なんてことはしない。

これは復讐なのだ。数年越しの。

僕を初見殺しと言ってもいい罠に嵌めた、トトリのアトリエと友人に対する宣戦布告なのだ。


どうだった復讐は


そういうわけで今月の目標は

「MVPカードを1枚以上出す」にしようかな。

購入はノーカウント、あくまで自力ソロ入手に限る。

金枠赤枠は問わず、MVPであれば何でもオーケー。


念のために付け加えると、これはエイプリルフールネタでもなんでもない。

失敗すればそれで終わり、ゲームオーバー、「今日の日はさようなら」を熱唱しながらお別れだ。

それでは残り30日、「うなぎじゃねえ」最後(?)の悪あがきをお楽しみください。


もしかして・・・?

空前絶後のメカニック

とのことなので。


screenHervor001.jpg

作ったぞおおおぉぉぉぉ!!!!!

イエエエェェェエエイイイイ!!!!!!1!


サンシャイン池崎


来たるべき男の戦い(影杖精錬)に備えて、微力ながらバックアップしようじゃないかと!


男の戦い


screenHervor002.jpg


トコヤくん、俺はここで白蛇野郎を叩くことしかできない。

だが君には、君にしかできない、君ならできることがあるはずだ。


screenHervor003.jpg


誰も君に強要はしない、自分で考え、自分で決めろ。

自分が今、何をすべきなのか。 まぁ、後悔の無いようにな。


screenHervor005.jpg


トコヤ暴走
(※床屋ブログより)

ローブ「オオオオオオォォォンンン!!!!!!」

ローブの覚醒と暴走。諭吉が黙っちゃいませんな。

これもシナリオの内ですか?Efini司令。

レイブン「始まったな」

Efini「ああ、全てはこれからだ」





予告


ローブの覚醒により、トコヤの精神は救われた

だが、トコヤは暴走した魔力に取り込まれ、物理的融合してしまう

失敗する彼の影杖精錬

号泣するアビダブが見た物は?

次回、『課金のかたち 生活のかたち』






いかんいかん、ネタがどんどん連鎖して収拾がつかなくなるのがうちのブログの悪い癖だ。

何の話だっけ?そうそう、精錬祭ね。

週刊ROチャレンジ!を読む限り、従来のミラクル精錬はもちろん

リストアや合成もそのまま来るんじゃないかなぁ。

"仕様の穴を検証するな"という運営さんからのお達しだ、ちゃんと守れよお前ら。


精錬祭ウェルス


精錬祭の会場はなんとウェルス発掘地のようで。

ウェルスの雰囲気とBGMは退廃的ですごく好きだな。滅んだ超古代文明はロマンですよ。

しかし会場がウェルスとなると、もしやあのカードが・・・?

うーんどうなんだろう・・・

sidetitleプロフィールsidetitle

トミー(うなぎ)

Author:トミー(うなぎ)
顔面クリムガンなうなぎ。
Lifでだらだらやってます。
当ブログはリンクフリーです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle頂きものsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle一応sidetitle
このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。 c Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved. c GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR