役割

【ひとりでできるもん】

screenLif1014.jpg


僕は基本的にソロ狩りの方が多いんだ。

もちろんPTもするんだけど、なんらかの目標や装備更新はソロを基準にしてる場合が多い。

あのボスが楽になるかな、とか。このMDがもっと早くクリアできるかな、なんてね。



ソロは全部1人でやり遂げないといけない。

ダメージを与えるのも、mobの攻撃を耐えるのも、すべて自分だ。

それはつまり、攻撃と耐久の装備配分が重要になるということだ。

HPが低く「やられる前にやれる」タイプのmobだと火力全振りも可能だけども、

そうじゃないmobもまだまだいるからね。


screenLif1016.jpg


例えばHJとメテオが結構痛いタイムホルダー。

対策しないとそれだけで簡単に死ぬんだけども、コイツの真骨頂は

全24匹の取り巻きと共に繰り出すLAの雨だったりする。

取り巻きの追尾時の初手がLAなことが多く、それに運悪くHJなんかが絡むと即死する。

僕も何度か\理不尽な死/を経験したから、体力満タンでLAHJに耐えられるよう調整した。

即死しないよう耐久に厚くしたケースね。



勿論これが正解ってワケじゃなくて、

最大射程から瞬殺するとか

ハエの羽を利用してゲリラ戦をするとか

先に取り巻きを削っておくとか

イービルランドを出すまで削ったら(LPを敷かなくなったら)ちゃんとSWに乗って防ぐとか

手段は色々あるんだけども。

そういったmob毎の対策を1つずつ積み上げていくのがソロの醍醐味だと僕は思う。

それにしてもイービルランドって謎スキルだよなぁ。

ホルダーも大概だけども、ブブが一番おかしい。イービルランドからが謎すぎる。


screenLif1018.jpg


逆にPTは各々の役割がハッキリしている分、尖った立ち回りが求められるのだと思う。

攻撃役は最低限の耐久だけで、火力特化に。

壁役は耐久力と持久力を最大限に。

PT人数が増えるほど、ダンジョンの難易度が上がるほど、この傾向は強くなる。

そうすると装備もソロ時より大きく変わってくるもので、

尖った性能が発揮できない僕としては申し訳なくなったりもする。

あ”あ”あ”ぁ”ぁ”ぁ”暴走覚醒欲じい”ぃ”ぃ”!!!!!

セリーヌリボンも欲じいよ”お”お”ぉ”ぉ”ぉ”!!!1!!


すみません取り乱しました。

装備1つ更新するだけで何百Mって時代だぜ、ヒューッ。

我々庶民派WLとしては、この狂った世界を生き抜く術を確立していかなければならない・・・!

とりあえず夢幻楽しいです、オカネイッパイ。

もっと火力上げたいなー。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

まったく同意です

うちの純支援はETに単体支援でも行けるような仕様になってしまってます
死ににくく、SPなかなか切れにくく、コルセオ連打も1人で出来るもん、ですw
ソロでジュデ狩りABは、さらにタイトな仕様になってて、誰にも見せられないwwww

まさしく「人は何かを得るために何かを失わなければならない」です

あ゛あ゛あ゛~深淵のドレス欲しいよぉ~~~
ついでに、一緒に狩りに行ってくれる強力火力欲しいよぉ~~~
うなぎさんよりも贅沢言ってないはず………はず?

No title

庶民派(MVPc挿し装備所有)ですかそうですか
庶民派なトミーさんには精錬祭でセリーヌ作る予定がなかったら安く売ってあげよう
sidetitleプロフィールsidetitle

トミー(うなぎ)

Author:トミー(うなぎ)
顔面クリムガンなうなぎ。
Lifでだらだらやってます。
当ブログはリンクフリーです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle頂きものsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle一応sidetitle
このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。 c Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved. c GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR