エンカウント

生体獄でトリオを楽しんでいたある日のこと。


Efini「この部屋制圧したら帰ろうか」

トミーABscreenLif4195.jpg(うんうん)」


師匠のこの発言が後に自らの首を絞めることになろうとは、

このときはまだ想像だにしていなかったのである。


Efini「ん・・・?あっ・・・」


screen558.jpg

     \セリアMVP/


Efini「MVPじゃねーかwww」(引き返す)


screen554.jpg   screen555.jpg

     討伐派2票            撤退派1票

採決の結果、討伐派の勝利です。

こうして長い夜が幕を開けた。



screen521.jpg


まずは取り巻きを削りにかかる!

師匠からお借りした+9レクイエムウィザードスタッフが火を噴くぜ!


screen523.jpg


エミュール、チェンを撃破したが、どうも取り巻きが属性変化する様子が見られない。

ガーティが毒のままだとHIでは辛いので、師匠に阿修羅をお願いした。

Efini「阿修羅装備ねえぞwww」

トミー「HIよりはマシですよ!」



screen525.jpg


し、師匠おぉーっ!!!!!


screen526 - コピー


Efini「これ何発撃ちゃいいの?」

トミー「12~16発だと思います」

Efini「・・・」

(※実際は10発前後だった模様)


screen529.jpg


なんだかんだ入り口まで追いつめられるものの、

師匠のゾンビ阿修羅によりガーティを削ることができた。

Efini「オレが修羅の時はMVP見つけても二度とやらねえからな!」

AB「修羅とAB交代ですね」

Efini「・・・」


screen531.jpg


取り巻きを削りきったところで、いよいよ本体セリアへ攻撃開始!!

ここまでくればもう楽勝だぜと高をくくるトミー。



screen532.jpg


感謝(お礼参り)のHIを連打!連打!!連打!!!

トミー「(セリアが随分と長い詠唱してるな・・・なんだろう)」


screen533.jpg


全体反射「バーリアwwwwwwww」

トミーAB「」

こいつwwwwwwww絶対許さんwwwwwww

小学生が考えたような技使いやがってwwwwwww


screen535.jpg


HIが全然通らないと思ったら、闇1に変化していたようだ。

摘まれる・・・!HIの芽・・・っ!

しかし残った取り巻きはバジルとトレン・・・!どちらも風4・・・!!

ゆえに・・・CLで本体にのみダメージを与えることが可能・・・っ!

まさに僥倖・・・っ!

まだ目は残されている・・・っ!!



screen537.jpg


全体反射「ところがどっこい・・・っ!」


夢だろ・・・


CLの連鎖仕様・・・全体反射(マックスペイン)の詠唱後も止まないCLの連鎖・・・っ!

必然・・・!反射を喰らう・・・っ!!

気づけば・・・仲間の屍・・・!!

免れぬ・・・全滅・・・っ!!


screen538.jpg


闇に変化してもHIのままがよさそうだ。

しっかり反射を見極めつつ攻撃していると・・・


screen539.jpg


アァーーーッス!!!!

EQ使うのかよwwwwwwww

しかもめちゃくちゃ痛いwwwwwww

80k超えてwwwwwwwww

1hitで3回分死んでるんだけどwwwwww


screen544.jpg



screen545.jpg


screen546.jpg


トミー、顔真っ赤ビター連打を決意。



screen549.jpg


万全を期して戻るとセリアが居なくなっているではないか!

どこいきやがったあの女!!!!

とりあえず近くにいたバジルが邪魔なので倒すことにする。

バジル討伐後、セリアを探しに奥に進むAB。


screen550.jpg


AB、残響で逝く。

とりあえずアイテム欄からイグ葉を・・・

ってああっ!!!やばいやばい!!!


screen551 - コピー


師匠がセリア見つけたwwwwww

AB死んでるからwwwwwww残響でブワァーーッって盛大に逝ったからwwwwwwww

やばいよやばいよwwwwwwwタイミング悪すぎるよwwwww


screen551.jpg


ROでこんなに慌てたリザは初めてだよwwwwwww

師匠!すぐに援護射撃に向かいますから!!!

もう少しだけ耐えててください!!!!








screen552.jpg


と思ったらHI4発くらいで死んだわ。




<失ったもの>
・白スリム670個
・カボケ70個
・ビターチョコ55個
・イグ実25個
・睡眠時間



<得たもの>
・コインホルダー1個
・戦死者のマント1個
・マジシャンの魂1個
・ブラディウム1個
・達成感
・疲労感



【結論】割に合わない


なんだかんだ付き合ってくれる師匠。



お疲れ様です、そしてありがとうございました。
スポンサーサイト

出会い

ここ数日で書きたいことが一気に増えてしまったので一つずつ消化していこう。


screenLif4105.jpg


まずはそうだな。

離席中に在買チャット立てるな。

またか!!!!!いい加減にしろよお前等!!!11!!

全然「在」じゃねーじゃねえか!!!!!

看板に偽りアリだぞこれは!!11!消費者庁に訴えんぞ111!!!

なぜ離席するときにチャット名をちょっと変えることすらできないのか。

「在」を消すだけだろう。こんとんじょのいこ(えなり風)

こんなことが何度も何度も何度も続くともう取引する気がなくなるんだよね。

もう「在」で反応なかったら取引しないことにしよう。



screenLif4109.jpg


でもいいこともあったんだ。

サラのレベルを上げようと回廊で狩りをしていたら、デヒョンと交戦中のWLを見つけた。

あいつの攻撃が割と痛いことは身を以て知っていたので、

とりあえずSWやフォグでサポートしたんだ。

別にWL氏が死んだら奪おうとかそういう気持ちは一切なかった。

デヒョン用の装備でもなかったしね。

するとWL氏は礼を言い、なんと共闘を申し出てきたのだ。

どうも早く倒さないとノーマナー修羅がやってきてカオスになる、とのことらしい。

多分アイツのことだなと見当はついた。

僕もアイツが大嫌いなので、そういうことならとサポートしつつ攻撃した。

WL氏が死なない限り捲ることもないだろう。

そして特に危うい場面もなくデヒョンを撃破した。


screenLif4121.jpg


するとWL氏はドロップアイテムを「どうぞ」と僕に譲ったのである。

確かに共闘はした。しかし少なくとも被ダメを見た限り

WL氏は装備面でバッチリ対策をとっていたし、僕が加勢せずとも討伐できただろう。

SW等をしたのも単なる気まぐれで、感謝される筋合いは全くない。

僕が受け取る意思がないことを伝えるとWL氏はアイテムを拾い、

これだけでもと言わんばかりにドロップのカード帖とコインホルダーを落とした。


screenLif4122.jpg


僕は嬉しくなった。

カード帖をくれたことがじゃない。

突然現れたどこの誰とも知れないキャラ、もしかしたら対抗かもしれないキャラに対して

敵意を向けることなく共闘を申し出たこと、そしてその共闘を評価してくれたことが、だ。



実はこのWL氏とは以前別キャラでも話したことがある。

そのときは僕が先に見つけて狩ってしまったので討伐時刻を教えたのだが、

WL氏は代わりにと別のボスの討伐時刻を教えてくれたのだ。

つまりこのWL氏は、相手が誰であれ紳士的な態度をとっているということになる。

僕の別キャラだとは知らないで対応したわけだからね。


screenLif4136.jpg


ボス狩りにもいろんなタイプがいる。

対抗と積極的に交流を図ろうとするタイプ。

最低限のプレイマナーは守って全力でボスを狩るタイプ。

対抗は全員敵、どんな手段を使ってでもぶっ殺すというタイプ。

僕が知る限り最強の修羅の方もこのWL氏と同じタイプなのだが、この話はまた別にしよう。

僕も両名のように強さと礼節を兼ね備えたボス狩りになりたいものだ。

WL氏はおそらくここを見ていないだろうけど、もしまた会ったら改めてお礼を言いたいね。


思いがけない良き出会いも



ボス狩りの醍醐味です。

紅一点

【朧】

screenLif4111.jpg


取得MVPカード:なし

備考:風魔手裏剣乱華 買取中



当方のキャラクターの中で最もうら若き乙女。

つまり戦隊モノでいうところのピンク担当で人妻(165)である。

よく考えたら乙女というか女キャラ1人だけしかいないわ。




元々は「ハッタリくん」という名前の影狼がいたんだけども、

アカウントではなくキャラ毎に性別が選べるようになってから朧に作り直し。

WLとのペアを考えるなら影狼の「虚無の影」も魅力的だったけど、迷った末に朧を選んだ。


screenLif3867.jpg


ブワヤ八方で驚異的なスピードでオーラになるものの、現在担当ボスはなし。

乱華がwwww欲しいでござるwwwww

+8にしたいでござるwwwww

張り切ってペットのガマ左衛門(6)screenLif4110.jpgまで買ったのにwwwwwww

早く乱華を撃ちたいでござるwwwwwwww

深淵乱華ができればあとはもう特化マイン揃えるくらい。ペアでもそこそこ活躍できるでしょう。



これでメインキャラの振り返りは終わりかな。

歴史のあるキャラとそうでないキャラの差が激しいな。

とりあえず全員が何かしらの役割を持てるように、いろいろ調整していこう。

かわせ!!

【2ndギロチンクロス】

screenLif4052.jpg




取得MVPカード:なし

備考:クリ二刀型




かつてギャンブラーシールの登場を受けて二刀クリ界隈は一気に賑わった。

こいつもそんな時代の流れに乗ろうと誕生したキャラだ。


ビッグウェーブ


1stだと超flee持ちのボスが面倒だった。

Wオーラチャクラムと暗殺者の手甲、クリ装備マシマシで当てにいくわけだ。

当然、戦闘時間は長くなるしその分回復剤も使わされる。

二刀のままで超fleeボスに挑めたらどんなに楽かと常々思っていた・・・が、

それだけの理由で二刀クリを新規に作ろうという気にはならなかった。

ステータスの縛りや必要となる装備も1stとはかなり変わってくる。

1stでも倒せないことはないし、わざわざ専用に作成する労力が見合わないだろうと。

そんな折、登場したのがギャンブラーシールである。


screenLif4085.jpg


ステータスを大きく縛ることを条件に火力を増強させる代物。

ここまで火力を上げられるなら、と二刀クリの育成を決意した。

転職して暫くはバリオで竜二していたようだ。

150程度になってから1stと同じくGHMDを回し始める。

オーラになったのは割と最近で、ジョブ60は庭園で達成した。


screenLif4086.jpg


これはもう散々言われ尽くしてることだけども、

「普通に当てられるならスイッチ型でいいよね」感がある。

むしろ場合によってはクリ二刀の方が当てられない。複数のmobにRCするときとかね。

そのためか、育成中はRCで、オーラ後にステリセをする人もいるようだ。



screenLif4083.jpg


でもやっぱりというか、必中はストレスフリーなんだよね。

mobがドヤ顔で使った超fleeを


聞こえない


意にも介さないで済むわけだ。




ROをプレイしていて一番腹立たしいのは

圧倒的火力で瞬殺されることではなく、

目当ての物よりドロップ率が低いアイテムが落ちることでもなく、

こちらの攻撃が通用しないことだと僕は思う。


screenLif4058.jpg


よくわからないという人は、

無敵状態のモロクの領主魔王バフォメットを思い浮かべてみてほしい。

駄目だwwwwwww文字にしただけでイライラするwwwwwwww

マインドブラスター(笑)はオートで撃ってくれないゴミだし

封印は魔王バフォの出現後しばらくしないと出ない初見殺し仕様だし

ホントこういうギミックってストレス溜まるわwwwwww原辰則原辰則wwwww

つまりそれだけね、攻撃が通用しない、当たらないっていうのはイライラするよねって話さ。

おそらくこれはプレイヤーだけじゃなくmob側も同じことを思ってるだろう。

なんだあいつ攻撃避けまくりやがってと。SWなんか使いやがってと。


避けるネコ


ハルシなんか使用した日にはもう顔面クリムガンですよ。

そして顔真っ赤にして繰り出した対抗策が、いわゆる爆裂(ラッシュアタック)なんだと僕は思ってる。

mobにだって感情はあるんです。エモとか出してるし。screenLif3617.jpg


screenLif4055.jpg


だいぶ話が逸れたけど、クリ二刀は元気に放置させてます。

私は2人目だから

【2ndウォーロック】

screen518.jpg
取得MVPカード:なし

備考:TI5取得型

耐性0だと地属性攻撃で71k吹っ飛ぶ。WBも使用。

アリス盾、地服、水耐性100で多分死なない。

disが飛んでくる。魔職向けのmapということもあり魔職が与しやすいか。

超fleeのSEを確認したものの、速度強化なのかただの速度増加なのか判別つかず。多分前者?



1stでは取得していないTI5を使ってみたいというのが主な誕生理由だった。

強力な装備も増えて、1つの職が1つの型に収まる時代でもなくなったしね。


screenLif1333.jpg


シュバルツバルドのヌヌヌで作成して130位に上げてからは、1stでの経験を活かしてひたすら育成した。

具体的にはスカラバオンライン。

ステータスやスキルは1stと差別化して楽しむことに。


screen277_2015072201460298c.jpg


せっかく取得したTI5を活かしたいのでキミを討伐する。

かなり苦戦したものの、なんとか撃破に漕ぎつけた。


screenLif3567.jpg


オーラになってからはボス狩りキャラとして目覚ましい活躍を見せるも、

未だカード取得には至っていない。

主要キャラの中では2番目に若いので説明も短いな。



さて、同じ職が複数いると装備の共有の問題がどうしてもある。

僕の場合は、今年の精錬祭で新しく装備を作ったりして、1stと2ndで完全に被らないように調整は出来た。

じゃあ精錬祭以前はどうしてたのかと言うと、あるものを適当に見繕ってた。

例えば1stにボス用の装備をさせて放置させる。

すると2ndは装備の選択肢が狭まるわけだ。当然最大のパフォーマンスは発揮できなくなる。

しかし最大火力が出せなくても狩れるボスはいるわけで。

じゃあそいつら狩ればいいじゃんというのが僕の考え方。

プレイヤーは本当に強くなった。

そこら辺の平地MVPは早い者勝ち、火力が多少低かろうが殆ど影響しないのだ。

キャラの最大のパフォーマンスを発揮できないのが嫌だという気持ちは理解できるけど、

それを理由に装備共有について嘆くのは早計ですよと。

あくまで複数キャラをボスマップに放置したい人についての話だけどね。



そろそろカード欲しいなぁ。

冒頭のSSは野良デヒョンです。

キッカケなんて

【アークビショップ】

RGセカンドコスABver取得MVPカード:なし

備考:ロイヤルガードではない

©ぽちこ氏



当初は普通の支援型として活動していた。

装備もWLとの使い回し。

主にWLとのペアが多く、よく774に通っていたためジョブ難民となる。

そしてベース155頃に転機は訪れた。


screenLif4027.jpg


いつものように珍でボスを探していると、すでに修羅が索敵していた。

なんとこの修羅、こちらに近づく度にいちいちルアフで炙ってくるのである。

ただの嫌がらせか、マヤパ持ってますよアピールなのか、はたまたその両方か。

二度三度ならまだしも、こちらを捕捉すると必ず炙ってくるのである。

クローキングを使い直すspも存外ばかにならないので、鬱陶しいことこの上ない。

阿修羅で狩っていたようだが、ハッキリ言って大した火力ではなかった。

少なくともFAから捲られることはない。

しかし僕は気が立っていた。VeryVery原辰則だったのだ。



原辰則


なんとかこの修羅に圧倒的屈辱を味わわせたい・・・

こいつの心をポッキーみたくバキバキにへし折ってやりたい・・・そうだ!!







ドアラ


「アドラ作ろう」

こうして読売ジャイアンツを裏切り中日ドラゴンズへと鞍替え・・・いやいや、

支援を捨て退魔への道を歩み始めることとなったのだ。



screenLif4036.jpg


まずはステータスとスキルをリセットしアドラ仕様にした。

ヌヌヌ報酬で大量に余っていたモーラコインを全て審判セットに投入。

いつだって~~~ビューティフォービューティフォー

僕にはAFなんだよ~~~~



screenLif4054.jpg


AFも揃え、いざ阿怒羅無須を撃つ。

テレレーテレレー\MVP/(テンッテッテンテッテテンテン)

これは面白い、数発でボスが蒸発していくではないか!

「これであの阿修羅にも負けないな」と確信。いつでも来いや!!

そしてボスを狩り続けて早数か月、ついにその阿修羅と再び対面することはなかった。

おまえふざけんなよwwwwwwww

僕が一体なんのためにアドラにしたと思ってんだwwwwwww

リセット権返せwwwwwww

当初の目的を失ったアドラは、闇不死属性ぶっ殺すマンとして絶賛活動中です。


不憫

【シャドウチェイサー】

kagenegi.gif
取得MVPカード:タートルジェネラル

備考:165歳無職

©ぽちこ氏




ASSに憧れ誕生するも夢敗れ、発破職人としての人生を余儀なくされる。

その不幸な生い立ちが起因したのか、当ブログのネタ要因としての才能が開花した。


screenLif269_2016061618333849a.jpg
screenLif267_2016061618334392c.jpg


大型オークを手に入れてからは、ひたすらアビスでボムボムボム。

当時のキャラクターの中で最も短い育成となる。

しかしオーラになってからのビジョンが全く見えず、

「とりあえず適当なボスを狩ろう」ということでタートルアイランドへの流刑を言い渡されることに。

長い余生をここで過ごすうちに、敵であった亀たちとの間に友情が芽生え


screenLif2223.jpg


ついには島の長、亀爺から名刺を差し出される。

役目を終えたことで晴れて無職となり、再びプロンテラの陽を浴びることができた。

その功績と恩情でデリートされないまま約半年、現在に至る。



ボムでの育成はとても楽だったし、ロクな装備がなくても亀将軍は狩れた。

ただ、それだけ。本当にそれだけ。

デリートしてやりたいところだけども、見た目が気に入ってるのがまた厄介だ。

修羅やスナイパーは何の躊躇いもなく消せたのになぁ。

「そのキャラで何がしたいのか」を明確にしておかないと

オーラにしても寿命が短いということを身を以て教えてくれたキャラだな。

キャラデリが多い人はぜひ反面教師にしてくれたまえ。

もう二度と哀しいキャラが生まれませんように。

暗殺者

【1stギロチンクロス】

マグレブ03



取得MVPカード:オークヒーロー

備考:スイッチ型

©ぽちこ氏





「トミーさんはGlxメインだと思ってた」と勘違いされるほどには動かしてきた。

多くのGlxメインのブログと、1人のギルメンの影響を受けて誕生したキャラである。

WLと相性の悪い闇属性を蹴散らしたいという思いもあった。



screen097.jpg


150を超えてからはGHMDクリアを目標にしていたようだ。

ライドや影肩なんて持っていなかったので、月光剣二刀流と緊急用の紅茶だけで凌いでいた。

当時は毒瓶代だけで精一杯、なんとか節制しようと試行錯誤していた。

その甲斐あってGHMDでオーラになり、稼いだお金で装備も少しずつ揃えることができた。



screen049.jpg


GHMDの合間にボスも巡る。主にゲフェンダンジョンが多かったかな。

エクシードで索敵なんてしたらspが持たないから、"…いる"とクローキングだけで索敵してたなwww

だから3階は索敵だけでも大変だった。あいつらほとんど悪魔じゃん。

一応狩れないことはない・・・が、このまま続けても割に合わないと思ったんだろう、

火力向上のため深淵武器と大型オークの導入を考え始める。



screenLif4012.jpg


スナイパーを2キャラ作って、必死にオークの記憶を回し始めた。

当時はCTが4時間?だったので朝と夜に2回ずつ。

何か月もかけて魔力石を100個貯めた。

深淵武器はGHMDの収入を全てつぎ込んで+7トリプルリベレーション蛸引包丁を作成。

そして挑んだボス戦は、全く違う世界だった。

本格的にボスを狩り始めたのもこのあたりからだ。

必然的にGlxでの活動が増え、Glxメインと勘違いされる原因になる。



screenLif1928.jpg


1stウォーロックと共通しているのは、今以上にお金がなかったということ。

そしてないなりに節制して金策して工夫していたということ。

よくふざけて廃人だなんだと言い合うこともあるけど、華やかなMVPの裏側なんてこんなもの。

多分他の人も似たようなものなんじゃないかな。

今では僕自身、何かと「あの装備があれば・・・お金があれば・・・」と考えてしまうこともあるのでね、

昔の「出来らあっ!」精神を思い出して邁進していきたいね。



できねえー!!


始まり

【1stウォーロック】

WLトミー

取得MVPカード:なし

備考:テトラボルテックス型



実は当ブログの主人公。復帰して最初に作ったキャラである。

上のgifはぽちこさんからの頂きもの。

復帰して暫くの間は、基本的にどこに行くにもコイツだった。


screenLif [Nor+Ver] 296


オーラになってからはボスを巡る旅に出た。

SSは当時の黒蛇王戦。懐かしいw

いつでもどこでもクールキャット・・・じゃなくてクリムセットだったので、

FD2発で昇天するレベルだった。

「え!?え!?こんな痛いんだ!!ボスってつえーwwwww」とか思ってたなぁ。

クリムセットで水魔法に弱くなることに気付いた僕は、

それならばと今度はアクアセットを作り始めるわけだ。

水耐性もつくし、SG逃げ撃ちでいいやと考えたのだろう。

しかしダメージはまろやかになったが凍結は防げなかったようだ。

現実は非情である。(アンフロすら買えないほど貧乏だった)

デイリークエストから手に入るコインで交換できるAFだけが、貧乏人トミーの味方だったのだ。



screenLif [Nor+Ver] 425


WLABペアでGHMDクリアを目標に掲げたりもした。

最初はいつも2階でゲームオーバー。

街に戻ってからはABと反省点を洗い出し、次回の作戦をたててはまた挑む。

そんなことを繰り返して、ようやくクリアしたときは感動したな。

最終的には互いが互いの動きを先読みできるレベルにまで昇華していった。

ペアの真髄を追い求めていたそんな時代。



screenLif687.jpg


師匠ことEfiniさんの影響を最も強く受けているキャラでもある。

「自分も怨霊武士を倒したい!」と必死になってコインを集めグロwiz杖を作成し、

究極精錬にて+7に仕上げたようだ。

しかしノーデッド討伐を最初に成し遂げたのは2ndウォーロックであった、現実は非情である。

ほんとにクリムセットしかなかったんだなとよくわかる画像だ。



screen018_20160614223754e1b.jpg


魔職としての動きは全てこの頃に培ったもので、

1stウォーロックのおかげで今の自分のプレイスタイルがあると言っても過言ではない。

最も試行錯誤が多かったキャラクターで、装備もないなりにボス狩りに励んでいたようだ。

僕のROの原点であると同時に思い出深いキャラであることを再認識できたな。

今後とも彼には是非頑張ってもらいたい。できればカード出して欲しい。

PON!!

やろう、ぶっころしてやる


もう怒った。


何が「異常なし!」だふざけんな!!!!!

全然出ねえじゃねえか!!!!毎日毎日平常運転しやがって!!!!!!

「今日もお勤めご苦労様です^^はいエルニウム^^」じゃねーんだよ!!!

こちとら異常を求めて狩ってんのによ!!!11!

んん????いつになったらカードくれるの??????????

アンアンアンwwwwwwとってもだいすきwwwwwwMVP-wwwwwww



screenLif3933.jpg


現在オーラなのはWL*2,珍*2,AB,影葱,朧の7キャラ。

つまり毎日アモンタワー(※1)を回すことも不可能ではないということ。

(※1 アモンタワーとはET45階、つまりアモンラー討伐までを目標とした
MVPカード一点狙いの全くエンドレスじゃないタワーである)



screenLif3934.jpg


ただ一部のキャラ(※2)はペアやPT用に温存しておきたいというのもある。

この辺は回すとしても月曜日がいいのかな。

逆にPTでも出すことのないクリ二刀や影葱は積極的に通った方がいいな。

(※2 WL,珍,AB,朧のこと)


screenLif3939.jpg


にしても強くなったなぁ。

キャラも増え、装備も整い、ボスだって見つけたらあっという間だ。

復帰してオーラWLだけで狩っていた日々が嘘のよう。

珍にABに影葱に朧に・・・

うん、次回からちょっとそれぞれのキャラの歴史を振り返ってみよう。

昔はボス1つとっても色々工夫していたし、今でも応用できるものがあるかもしれないしね。



screenLif3942.jpg


スーパーとかで全く別のコーナーに別の商品がポンと置かれてることがあるのだけど、

なぜこんなことができるのか心底わからない。

ポンは擬音ね、ムンバキ(※3)じゃないからね。反応しないように。

なぜ「商品」を元あった場所に戻すことすらできないのか。

常温で置かれてる商品ならまだしも、ひどいケースだと冷蔵、冷凍食品が常温の棚に置かれてたりね。

ここまでくると器物損壊、営業妨害になると思うんだけどな。

「店員が戻すのが当たり前、お客様の手を煩わせるな」という思考なんだろうか。

買いもしない商品をダメにするなんて、そんな奴は客でもなんでもないよ。

店と客はあくまで対等なんだという認識はもっと広まるべきだ。

(※3 ムンバキ・ポンはポートマラヤの指導者。
「ポン」という響きが面白いとして、事あるごとに会議で引用されるようになった)



screenLif3943.jpg


スーパーに限った話じゃなくてね。

何らかのサービスを提供する側と享受する側というのは、対等であるべきだと僕は思う。

結果的にその方がお互いのためになるからだ。

提供者と享受者は時と場合で入れ替わるからね。

全員が等しく提供者でもあり、享受者でもあるのだ。社会に関わっている以上はね。

つまり何が言いたいかと言うと、

在買チャットならちゃんと反応しよう

○時wisならその時間にwisしよう


ってことね。

困ったお客様だぜまったく。


連続すると



さすがに嫌になる。
sidetitleプロフィールsidetitle

トミー(うなぎ)

Author:トミー(うなぎ)
顔面クリムガンなうなぎ。
Lifでだらだらやってます。
当ブログはリンクフリーです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle頂きものsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle一応sidetitle
このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。 c Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved. c GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR